会社コンプライアンス : 内部統制の条件

伊藤真 著

不祥事が続々と起きている!!会社を生き延びさせるための新会社法とJSOX法の核心を、司法試験のカリスマ塾長が新しい視点から解説。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 会社のコンプライアンスとは何か-アクセルとブレーキとハンドルのバランスをとる意味
  • 第2章 企業の不祥事、企業の改革-新会社法やJSOX法で「内部統制」が注目される理由
  • 第3章 日本人は「監視システム」に抵抗がある-新会社法やJSOX法は誰の利益を守るのか
  • 第4章 コンプライアンスが果たされないとどうなる-「法的制裁」と「社会的制裁」の大きな違い
  • 第5章 リスクマネージメントの考え方-「情報の共有」コミュニケーションの重要性
  • 第6章 コンプライアンス体制を確立するのはトップの責務-従業員が監視される対象ではなく、監視する時代へ
  • 第7章 会社は本当は誰のものか-憲法の理念と通底する「他者への共感」精神

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 会社コンプライアンス : 内部統制の条件
著作者等 伊藤 真
書名ヨミ カイシャ コンプライアンス : ナイブ トウセイ ノ ジョウケン
書名別名 Kaisha konpuraiansu
シリーズ名 講談社現代新書
出版元 講談社
刊行年月 2007.2
ページ数 213p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-06-149877-8
NCID BA80694323
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21196351
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想