発信力頭のいい人のサバイバル術

樋口裕一 著

小学生から社会人まで、長年にわたり文章指導を行ってきた「小論文の神様」が、日本人の文章力不足、発信力不足を訴える。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 これからは発信の時代である(これからは発信の時代である
  • 情報社会では評価はアピールで決まる ほか)
  • 第2章 受信社会・日本(日本の集団主義の原因
  • オタク社会・日本 ほか)
  • 第3章 発信社会を生き抜くための25の心構えとテクニック(今の自分をのりこえる!
  • 今の自分以上のものを示す! ほか)
  • 第4章 発信力をつける(まずは小論文から練習せよ
  • 小論文とは何か ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 発信力頭のいい人のサバイバル術
著作者等 樋口 裕一
書名ヨミ ハッシンリョク アタマ ノ イイ ヒト ノ サバイバルジュツ
シリーズ名 文春新書
出版元 文藝春秋
刊行年月 2007.3
ページ数 200p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-16-660556-9
NCID BA80691970
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21197926
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想