文化の国際流通と市民意識

伊藤陽一 編著

文化が国境を越えて流通することによって、市民意識にどのような影響を及ぼし、逆に、市民意識(好悪、親近感等)が文化の国際流通にどのような影響を及ぼすのか。そして、文化の国際流通はどのようなメカニズムによって支配されているのかを理論的・実証的に論じる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 文化の国際流通が市民意識に及ぼす影響(日本人はすでに「西洋コンプレックス」を解消したか?-透明化、自然化、内面化する「西洋」
  • メディア・グローバリゼーションと文化変容
  • 世界化とフランス文化)
  • 第2部 市民意識が文化の国際流通に及ぼす影響(韓流映像コンテンツの流通とその意義
  • 台湾の日本大衆文化受容、「哈日族」についての考察)
  • 第3部 文化の国際流通を支配するもの(日本アニメの世界流通と受容・市民意識-国際コミュニケーションにおける存在と影響
  • メディアの寡占化とネット空間
  • 映画の国際流通のパターンと規定要因
  • 大衆文化の国際流通パターンと規定要因に関する日韓比較研究
  • 「高級文化」の国際流通のパターンと規定要因-翻訳図書と留学生)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 文化の国際流通と市民意識
著作者等 伊藤 陽一
書名ヨミ ブンカ ノ コクサイ リュウツウ ト シミン イシキ
書名別名 Bunka no kokusai ryutsu to shimin ishiki
シリーズ名 叢書21COE-CCC多文化世界における市民意識の動態 18
出版元 慶應義塾大学出版会
刊行年月 2007.1
ページ数 223p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-7664-1333-5
NCID BA80629263
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21258979
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想