金門島流離譚

船戸与一 著

金門島-。ここは、かつて人民解放軍と国民党軍の激戦の最前線であった。元商社員の藤堂は、"現代史が生んだ空白"であるその島で密貿易を行ない、したたかに生きていた。だが大学時代の友人が殺害され、血が血を呼ぶ狂騒曲が始まる。アジアのさまざまな病巣を露呈された事件の結末とは…。鄙びた観光地で、日本人と台湾人のカップルを襲った悲劇、「瑞芳霧雨情話」を併録。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 金門島流離譚
著作者等 船戸 与一
書名ヨミ キンモントウ リュウリタン
書名別名 Kinmonto ryuritan
シリーズ名 新潮文庫
出版元 新潮社
刊行年月 2007.2
ページ数 487p
大きさ 16cm
ISBN 978-4-10-134319-8
NCID BA80629230
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21176979
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想