日本中世奴隷制論

磯貝富士男 著

[目次]

  • 序論1 本書の課題と理論的立場
  • 序論2 日本中世社会の奴隷制要素評価をめぐる研究史
  • 序論3 奴隷制に関する基本的諸概念と本書の課題意識
  • 序論4 安良城盛昭氏の日本中世社会論
  • 第1部 律令国家の解体と私有奴隷制の趨向
  • 第2部 日本中世奴隷法の成立と展開
  • 第3部 中世奴隷制の再生産構造
  • 第4部 中世社会と奴隷制

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本中世奴隷制論
著作者等 磯貝 富士男
書名ヨミ ニホン チュウセイ ドレイセイ ロン
書名別名 Nihon chusei doreisei ron
シリーズ名 歴史科学叢書
出版元 校倉書房
刊行年月 2007.1
ページ数 674p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-7517-3810-8
NCID BA80625604
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21196140
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想