狼少年のパラドクス : ウチダ式教育再生論

内田樹 著

国民総六歳児の道を歩む日本人への提言。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 ニッポンの教育はどこへ行く
  • 第2章 入試の風景
  • 第3章 ウチダは何を教えているのか
  • 第4章 大学がつぶれてしまう
  • 第5章 どこも大変なことになっている
  • 第6章 神戸女学院大学が生き残る道
  • 第7章 研究者に仲間入りするためには
  • 第8章 日比谷高校、東大全共闘の人々
  • 第9章 一九六六年の日比谷高校生・吉田城と新井啓右の思い出
  • 第10章 文部科学省訪問記(高等教育局私学行政課長杉野剛さんとの対話から)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 狼少年のパラドクス : ウチダ式教育再生論
著作者等 内田 樹
書名ヨミ オオカミ ショウネン ノ パラドクス : ウチダシキ キョウイク サイセイ ロン
書名別名 Ookami shonen no paradokusu
出版元 朝日新聞社
刊行年月 2007.2
ページ数 261p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-02-330377-5
NCID BA80615553
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21196333
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想