お雇い外国人

梅溪昇 [著]

明治時代、日本の招きにより、近代化の指導者として大勢の欧米人が渡来した。その国籍は英、米、独、仏等にわたり、活躍の場も政治、法制、軍事、外交、経済、産業、教育、学術と多岐にわたった。日本での呼称そのままに、自らをYATOIと称する彼らが果たした役割はいかなるものであったか。日本繁栄の礎を築いた「お雇い外国人」の功績をさぐる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 お雇い外国人のおこり(明治維新史の性格
  • 外圧への対応 ほか)
  • 第2章 功績を残した人びと(王政復古から明治維新の変革へ
  • 近代日本建設の父、フルベッキ-政治・法制(1) ほか)
  • 第3章 生活とその周辺(来日の動機
  • 豊かな暮らしのかげに ほか)
  • 第4章 日本の近代化に与えたもの(統計的にみる
  • お雇い外国人の給料と質 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 お雇い外国人
著作者等 梅渓 昇
梅溪 昇
書名ヨミ オヤトイ ガイコクジン : メイジ ニホン ノ ワキヤクタチ
書名別名 明治日本の脇役たち
シリーズ名 講談社学術文庫
出版元 講談社
刊行年月 2007.2
ページ数 259p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-06-159807-2
NCID BA80605414
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21187495
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想