失われた時を求めて  11(第6篇 逃げ去る女)

マルセル・プルースト 著 ; 鈴木道彦 訳

アルベルチーヌ失踪後の語り手の苦しみ。帰って来てほしいと願う気持と、帰らぬことを望む気持が渦巻く。やがて、彼女の死亡通知を受けとると、彼女のことが生き生きと蘇って、語り手を苦しめる。また、彼女の隠された過去も報告され、苦悩をいっそう深くする。一方、スワンはすでに死に、オデットはフォルシュヴィル伯爵と再婚し、ジルベルトはサン=ルーと結婚している。語り手はヴェネツィア訪問の後、彼らの住むタンソンヴィルに滞在する。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 失われた時を求めて
著作者等 Proust, Marcel
鈴木 道彦
プルースト マルセル
書名ヨミ ウシナワレタ トキ オ モトメテ
書名別名 A la recherche du temps perdu

Ushinawareta toki o motomete
シリーズ名 集英社文庫ヘリテージシリーズ
巻冊次 11(第6篇 逃げ去る女)
出版元 集英社
刊行年月 2007.1
ページ数 643p
大きさ 16cm
ISBN 978-4-08-761030-7
NCID BA80588814
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21170787
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想