格と態の認知言語学 : 構文と動詞の意味

二枝美津子 著

英語の中の格と態をめぐって、認知言語学の視点に立って構文のつながり・関係を人間の事態への捉え方から追求することで、英語全体の構図が明らかになる。この英語表現の認知的理解は、言語学においては言うに及ば 言語表現にも貢献するものである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 受動構文は何故使われるのか
  • 第2章 自動詞と他動詞の区別は必要か
  • 第3章 中間構文は受動か能動か
  • 第4章 能格性は英語にあるのか
  • 第5章 中間構文は能格構文・再帰構文とどうちがうのか
  • 第6章 言語有現と概念的距離は関係するのか
  • 第7章 英語に句動詞は何故必要か

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 格と態の認知言語学 : 構文と動詞の意味
著作者等 二枝 美津子
書名ヨミ カク ト タイ ノ ニンチ ゲンゴガク : コウブン ト ドウシ ノ イミ
書名別名 Kaku to tai no ninchi gengogaku
シリーズ名 Sekaishiso seminar
出版元 世界思想社
刊行年月 2007.1
ページ数 204p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-7907-1234-3
NCID BA80551916
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21187178
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想