弥生時代の戦い : 戦いの実態と権力機構の生成

橋口達也 著

弥生前期後半から中期中頃における戦闘の実態を明らかにし、土地開発およびそれに付随してひき起こされる争奪戦を通して首長層の発生の問題に迫る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 はじめに
  • 第2章 殺傷人骨(犠牲者)、棺内出土の切先、鏃などの実例(地名表
  • 実例の紹介 ほか)
  • 第3章 武器からみた弥生時代の戦い(武器の出現
  • 武器副葬の開始 ほか)
  • 第4章 弥生時代の戦い(集落立地の変遷と土地開発
  • 弥生時代の戦い ほか)
  • 第5章 まとめ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 弥生時代の戦い : 戦いの実態と権力機構の生成
著作者等 橋口 達也
書名ヨミ ヤヨイ ジダイ ノ タタカイ : タタカイ ノ ジッタイ ト ケンリョク キコウ ノ セイセイ
書名別名 Yayoi jidai no tatakai
出版元 雄山閣
刊行年月 2007.1
ページ数 226p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-639-01958-9
NCID BA80537802
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21186301
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想