変わる方言動く標準語

井上史雄 著

「方言は矯正すべき」という時代から、方言を記録する時代を経て、様々な方言を楽しむ時代へ。本書は、こうした方言意識の変遷を糸口に、方言と外国語との関係、また標準語の方言的背景をつきとめてゆく。京都から広まったことば、江戸・東京から広まったことば。一つ一つ丁寧に見ていくと、現代日本語は千年で千キロ、日本列島を移動してきた長い旅の歴史を背負っていることが明らかになる。実地調査と分析と発見を繰り返しながら、「動くものとしてのことば」を社会・歴史・地理の座標軸に位置づけなおす、壮大でスリリングな日本語論。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 プラスになった方言イメージ(言語の下位区分としての方言
  • 方言のステレオタイプ
  • 日本の方言区画地図を重ねると ほか)
  • 第2章 方言に入った外来語(言語間方言学という視点
  • アイヌ語と東北方言の相互接触
  • 中国語から入った近世方言 ほか)
  • 第3章 標準語普及の3段階を復元する(東京と京都からの鉄道距離別標準語使用率
  • 鉄道距離という発想
  • 中学生の標準語使用率に働かない鉄道距離 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 変わる方言動く標準語
著作者等 井上 史雄
書名ヨミ カワル ホウゲン ウゴク ヒョウジュンゴ
書名別名 Kawaru hogen ugoku hyojungo
シリーズ名 ちくま新書
出版元 筑摩書房
刊行年月 2007.2
ページ数 203p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-480-06348-9
NCID BA80535873
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21209004
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想