聴覚診断と聴覚補償

舩坂宗太郎 著

[目次]

  • 1部 聴覚と言語の理解(聴覚の重要性
  • 音の属性
  • 外中耳の構造と機能
  • 内耳の構造と機能
  • 聴覚中枢の構造と機能
  • 大脳言語理解機能とその部位)
  • 2部 聴力検査法(聴力検査-その歴史と各種検査法
  • 種々の聴力検査とそれらの意義
  • 音に対する他覚的反応による聴力検査
  • 聴性脳幹反応による聴力検査
  • 耳音響放射)
  • 3部 聴覚機能の障害(乳児の言語習得過程
  • 先天聾・高度重度難聴児の言語習得聴覚経路の各部位の機能低下)
  • 4部 聴覚補償(補聴器
  • 手術による聴覚補償
  • 人工内耳の構造と機能、そしてその効果)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 聴覚診断と聴覚補償
著作者等 船坂 宗太郎
日本音響学会
舩坂 宗太郎
書名ヨミ チョウカク シンダン ト チョウカク ホショウ
シリーズ名 音響テクノロジーシリーズ / 日本音響学会 編 11
出版元 コロナ社
刊行年月 2007.2
ページ数 190p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-339-01111-1
NCID BA80533583
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21190588
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想