自己プレゼンの文章術

森村稔 著

文章を綴る目的は、人の心をどうつかむかということに尽きる。最も切実に、作文力を要求されるのは就職準備のときだ。その後のキャリアにおいても、そこで培われた作文力は応用できる。企画のプレゼンテーション、学校や職場での小論文テスト。挨拶や自己紹介の場合にも、作文で身につけた構成力と文章力は強い武器になる。著者は広告マンとして、また管理職として、そして大学や企業での講座の形で様々な作文の現場に立ち会ってきた。そこで得た豊富な実例(成功と失敗の体験)をもとに、テーマに応じた作文術のノウハウを解き明かす。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 そこに読み手がいる(自己表現文を書くということ
  • 目的のある実用文 ほか)
  • 第2章 内容が決め手になる(自己を主題化する
  • 事実と体験にものを言わせる ほか)
  • 第3章 書き方が問題になる(主題を立てる
  • 書き出しが大事 ほか)
  • 第4章 事前に打つ手がある(体験のエキス化
  • ポジティブな思考と表現 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 自己プレゼンの文章術
著作者等 森村 稔
書名ヨミ ジコ プレゼン ノ ブンショウジュツ
書名別名 Jiko purezen no bunshojutsu
シリーズ名 ちくま新書
出版元 筑摩書房
刊行年月 2007.2
ページ数 221p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-480-06349-6
NCID BA80497923
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21208997
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想