つまずく若者たち : 思春期臨床の現場から

倉本英彦 著

自殺、ひきこもり、リストカット-つまずいたまま、立ち直れない若者が増えている。つまずく若者につきあってきた一介の精神科医の実践記録。専門的な事項については、コラムという形で簡単な解説を加えている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 現代社会が子どもにもたらすストレス
  • 第2章 思春期における挫折の意味
  • 第3章 攻撃性と心的外傷
  • 第4章 自殺する若者
  • 第5章 うつ病について
  • 第6章 事例マリエ-自分らしく生きたい
  • 第7章 社会的ひきこもりをめぐって
  • 第8章 おクスリの話

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 つまずく若者たち : 思春期臨床の現場から
著作者等 倉本 英彦
書名ヨミ ツマズク ワカモノタチ : シシュンキ リンショウ ノ ゲンバ カラ
書名別名 Tsumazuku wakamonotachi
出版元 日本評論社
刊行年月 2007.1
ページ数 183p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-535-56244-8
NCID BA80495892
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21181451
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想