蜜から灰へ

クロード・レヴィ=ストロース 著 ; 早水洋太郎 訳

"蜂蜜"と"タバコ"という、料理の周辺ともいうべきものを扱った南アメリカの諸神話には、どのような宇宙論的含意があるか。細部への注視と構造分析により、神話の思考とその意味を顕わにする。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 音合わせのために
  • 第1部 乾いたものと湿ったもの(蜂蜜とタバコの対話
  • 渇き飢えた動物 ほか)
  • 第2部 カエルの祝宴(変奏一、二、三
  • 変奏四、五、六)
  • 第3部 八月は四旬節(夜空の星
  • 森の物音 ほか)
  • 第4部 暗闇の楽器(騒音と悪臭
  • さまざまな球体のハーモニー)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 蜜から灰へ
著作者等 Lévi-Strauss, Claude
早水 洋太郎
L'evi‐Strauss Claude
レヴィ=ストロース クロード
書名ヨミ ミツ カラ ハイ エ
書名別名 Du miel aux cendres
シリーズ名 神話論理 2
出版元 みすず書房
刊行年月 2007.1
ページ数 578, 42p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-622-08152-4
NCID BA80370864
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21186477
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想