文科系のシステム設計入門

栗原和夫 著

情報システムとはどのような部分から成り立っているのか、画面はどのような仕組みで表示されるのか、入力されたデータはどのようにサーバに送られ、送られたデータはどのようにデータベースに記憶されるのか、サーバではどのように情報処理がなされているのか、などについて、やさしく解説。情報システムを学生に身近な学事データで説明している。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 システム設計(業務のグループ化と細分化
  • データベースの設計 ほか)
  • 第2章 名簿(業務のグループ化と細分化
  • データベースの設計 ほか)
  • 第3章 時間割と履修登録(業務のグループ化と細分化
  • データベースの設計 ほか)
  • 第4章 出席と成績(業務のグループ化と細分化
  • データベースの設計 ほか)
  • 第5章 非定型業務(業務のグループ化と細分化
  • データベースの設計 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 文科系のシステム設計入門
著作者等 栗原 和夫
書名ヨミ ブンカケイ ノ システム セッケイ ニュウモン
書名別名 Bunkakei no shisutemu sekkei nyumon
出版元 牧野書店 : 星雲社
刊行年月 2007.1
ページ数 189p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-434-10150-2
NCID BA80366980
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21180317
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想