もうひとつの教養教育 : 職員による教育プログラムの開発

近森節子 編著

転換教育・キャリア教育はじめ、大学職員の学生に注ぐ眼差しに培われたもうひとつの共通・総合教育実践。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 ハイブリッド型教養教育をめざした「立命館プログラム」の創設
  • 第2章 高校生から大学生への転換を支援する「転換教育」プログラムの開発
  • 第3章 キャリア教育科目にみる教職協働と産学連携-1回生向け「キャリア探偵団」の開発過程を事例として
  • 第4章 教養教育課程における「キャリア形成科目」の位置づけとその効果に関する研究
  • 第5章 課外活動の教育的役割の検証-正課プログラム化にかかわる研究
  • 第6章 体育会所属学生のクラブ活動と学業に関する実態調査-新たな教育プログラムの開発に向けて
  • 第7章 アメリカン・フットボール部に見るコーチング理論の到達点と職員が担う教育プログラムの開発
  • 第8章 図書館における教育プログラムの開発とその提供に向けた政策
  • 第9章 立明館大学生の食の現状と課題

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 もうひとつの教養教育 : 職員による教育プログラムの開発
著作者等 松井 かおり
近森 節子
書名ヨミ モウ ヒトツ ノ キョウヨウ キョウイク : ショクイン ニ ヨル キョウイク プログラム ノ カイハツ
書名別名 Mo hitotsu no kyoyo kyoiku
出版元 東信堂
刊行年月 2007.1
ページ数 257p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-88713-722-6
NCID BA80334871
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21190534
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想