コンテナ物語 : 世界を変えたのは「箱」の発明だった

マルク・レビンソン 著 ; 村井章子 訳

コンテナ船を発明したのは、トラック運送業者マルコム・マクリーン。その果敢な挑戦を軸に、世界経済を一変させた知られざる物流の歴史を明らかにする。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 最初の航海
  • 埠頭
  • トラック野郎
  • システム
  • ニューヨーク対ニュージャージー
  • 労働組合
  • 規格
  • 飛躍
  • ベトナム
  • 港湾
  • 浮沈
  • 巨大化
  • 荷主
  • コンテナの未来

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 コンテナ物語 : 世界を変えたのは「箱」の発明だった
著作者等 Levinson, Marc
村井 章子
レビンソン マルク
書名ヨミ コンテナ モノガタリ : セカイ オ カエタ ノワ ハコ ノ ハツメイ ダッタ
書名別名 The box

Kontena monogatari
出版元 日経BP社 : 日経BP出版センター
刊行年月 2007.1
ページ数 447p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-8222-4564-1
NCID BA80322759
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21179527
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想