中国企業の経営改革と経営風土の変貌 : 経営革新はどこまで進んだか

岩田 (沈) 奇志, 岩田龍子 著

著者は先に、1990年代前半までの中国企業の実情をふまえ、『国際比較の視点で見た現代中国の経営風土』(文眞堂、1997年)を公刊したが、本書は、その後の経営環境の変化、経営者意識の変化、思い切った経営革新と経営風土の変貌などを、有力私営企業、国有企業、郷鎮企業、中小企業の諸領域にわたって分析、中国企業の急速な発展の姿を捉える。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 本書の基本的視角
  • 第2章 集団化の廃止による生産の回復
  • 第3章 国有企業の改革と「ネットワーク中心型社会」への回帰
  • 第4章 市場経済化と経営者意識の変化
  • 第5章 有力私営企業の発展と経営革新
  • 第6章 国有企業における経営革新
  • 第7章 歴史的使命を終えた「郷鎮企業」
  • 第8章 中小経営発展の実態

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 中国企業の経営改革と経営風土の変貌 : 経営革新はどこまで進んだか
著作者等 岩田 奇志
岩田 竜子
沈 奇志
岩田 龍子
岩田(沈) 奇志
書名ヨミ チュウゴク キギョウ ノ ケイエイ カイカク ト ケイエイ フウド ノ ヘンボウ : ケイエイ カクシン ワ ドコマデ ススンダカ
出版元 文眞堂
刊行年月 2007.1
ページ数 203p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-8309-4570-0
NCID BA80306708
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21196872
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想