武士の周縁に生きる

森下徹 編

武士身分をとりまく様々な人びと。支配をささえた大庄屋や地役人、藩に抱えられた藩医や相撲取などの実態を解明。さらに大坂の国問屋や城下町での家臣団の存在形態を探り、地域社会に視点をすえて武士身分を考える。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 身分社会のなかの武士
  • 大庄屋
  • 長崎地役人
  • 藩医
  • 抱え相撲
  • 薩摩問屋
  • 幕末の軍団
  • 武士の周縁に生きる-萩城下と家臣団

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 武士の周縁に生きる
著作者等 森下 徹
書名ヨミ ブシ ノ シュウエン ニ イキル
シリーズ名 身分的周縁と近世社会 7
出版元 吉川弘文館
刊行年月 2007.2
ページ数 245p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-642-06563-4
NCID BA80284150
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21182399
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
大庄屋 羽田真也
幕末の軍団 上田純子
抱え相撲 高埜利彦
武士の周縁に生きる 森下 徹
薩摩問屋 屋久健二
藩医 海原亮
身分社会のなかの武士 森下 徹
長崎地役人 戸森麻衣子
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想