異文化のクロスロード : 文学・文化・言語

岐阜聖徳学園大学外国語学部 編

英米文学・ドイツ文学・フランス文学・中国文学・日本語の研究者10名が、"異文化との出会い"をテーマに、さまざまな角度から"異文化理解"を論じる論考集。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 文化のクロスロード(イギリスの幽霊とアメリカ娘-オスカー・ワイルドの「カンタヴィルの幽霊」を読む
  • 「オリエンタル」ステレオタイプ再考-アジア女性表象のいま
  • リルケのメルヘン-『神さまの話』のメルヘン度
  • 教育と学校教育の狭間で-寄宿制学校で失われたカナダ先住民の文化)
  • 言語のクロスロード(日本語のあいづちは異文化でどのように解釈されるのか-会話の展開方法の観点から
  • パプアニューギニアにおけるドイツ語
  • シレプシス・マスターとしての野田秀樹とプルースト
  • 遊離語句の論 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 異文化のクロスロード : 文学・文化・言語
著作者等 岐阜聖徳学園大学
岐阜聖徳学園大学外国語学部
書名ヨミ イブンカ ノ クロスロード : ブンガク ブンカ ゲンゴ
書名別名 Ibunka no kurosurodo
出版元 彩流社
刊行年月 2007.1
ページ数 331, 3p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-7791-1234-8
NCID BA80257555
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21183319
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想