北の民の人類学 : 強国に生きる民族性と帰属性

煎本孝, 山田孝子 編著

ロシア、アメリカ、中国などの強国において、さまざまに揺れ動く社会状況の中で生きる北方周極地域の少数民族。圧倒的な力をもつ多数派集団と共生する彼らのエスニシティとアイデンティティの動態を、人類学的視点から描き出す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 北の民の民族性と帰属性
  • 第1部 共存への道
  • 第2部 「自然」のシンボル化
  • 第3部 社会変動を生きる
  • 第4部 民族性と帰属性の諸相
  • 未来の民族性と帰属性

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 北の民の人類学 : 強国に生きる民族性と帰属性
著作者等 井上 敏昭
佐々木 史郎
加藤 博文
大曲 佳世
山田 孝子
岸上 伸啓
池谷 和信
汪 立珍
津曲 敏郎
煎本 孝
雲 肖梅
阿拉坦宝力格
書名ヨミ キタ ノ タミ ノ ジンルイガク : キョウコク ニ イキル ミンゾクセイ ト キゾクセイ
出版元 京都大学学術出版会
刊行年月 2007.1
ページ数 340p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-87698-695-8
NCID BA80257329
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21187531
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想