グラムシ「獄中ノート」解読

片桐薫 著

グラムシの思想的鉱脈を探る。獄前期を視野に入れ、膨大な「獄中ノート」に脈打つ思想のうねりを鮮やかに描く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 獄前のグラムシから獄中のグラムシへ(グラムシにおけるマルクス主義と「執拗低音」
  • 世代間の断層と新しい言語表現 ほか)
  • 2 獄中のグラムシをめぐる状況(ファシズムの登場とその独裁体制の強化
  • ソ連共産党中央委員会への「手紙」-トリアッティと対立 ほか)
  • 3 「獄中ノート」のプランと構成(執筆前のプラン
  • 執筆の第一期-主題の全方位的な広がり ほか)
  • 4 「獄中ノート」のリズムと方法(未完的・非体系的な理論展開のリズム
  • 構造的歴史主義の方法 ほか)
  • 5 対話する第一級の知性(「ノート」解読への手がかり
  • 苦難に満ちた知識人問題へのアプローチ ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 グラムシ「獄中ノート」解読
著作者等 片桐 薫
書名ヨミ グラムシ ゴクチュウ ノート カイドク
書名別名 Decifrare i quaderni del carcere
シリーズ名 獄中ノート
出版元 こぶし書房
刊行年月 2006.12
ページ数 218, 3p
大きさ 20cm
ISBN 4875592159
NCID BA8020774X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21855224
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想