アンコール文明への旅

波田野直樹 著

アンコール遺跡がひとを引きつける魅力の源泉はどこにあるのか。有名な巨大遺跡から人知れぬ小遺跡までを歩く中で考え続けた、アンコール遺跡をめぐるささやかな「冒険」の日々の記録。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 旅のはじまり
  • アンコール・ワット
  • アンコールの日々
  • 読書とウェブサイト
  • 「冒険」への誘い
  • アンコールの外へ
  • コー・ケー
  • ワット・プーからプノム・クーレンへ
  • 留学生との旅
  • 洞窟寺院への旅
  • プノム・クーレンをめぐる
  • コー・ケー再訪
  • 研究者たち
  • ポスト・アンコール
  • 書物の中のアンコール
  • 遺跡保護をめぐって
  • エピローグ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 アンコール文明への旅
著作者等 波田野 直樹
書名ヨミ アンコール ブンメイ エノ タビ
シリーズ名 カンボジアノート 1
出版元 連合
刊行年月 2006.12
ページ数 254p
大きさ 20cm
ISBN 4897722152
NCID BA80201368
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21247365
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想