ジープ応用倫理学

ジープ 著 ; 広島大学応用倫理学プロジェクト研究センター 訳 ; 山内廣隆 訳者代表

原著者ルートヴィヒ・ジープは、ドイツ観念論、とりわけヘーゲル研究の大家である。それと同時に1990年代以来、環境先進国であるドイツにおいて、環境・生命倫理研究にも大きな力を注いできた。その研究は具体的・現実的問題を、根源的な部分から徹底して考察するというスタイルで貫かれている。ドイツのES細胞の取り扱い方は、ジープがまとめたものと言っても過言ではない。そのようなジープの研究成果を集大成したものが本書である。「応用倫理学」の厳密な基礎づけや基本的考え方の習得にも最適な書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 緒論
  • 第2章 倫理学の対象、根本概念、基礎づけ
  • 第3章 価値と評価
  • 第4章 全体論的倫理学と科学的世界解釈
  • 第5章 自然倫理と文化倫理の基礎
  • 第6章 具体倫理学
  • 第7章 おわりに

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ジープ応用倫理学
著作者等 Siep, Ludwig
山内 広隆
山内 廣隆
広島大学応用倫理学プロジェクト研究センター
ジープ ルートヴィヒ
書名ヨミ ジープ オウヨウ リンリガク
書名別名 Konkrete Ethik

Jipu oyo rinrigaku
出版元 丸善出版事業部
刊行年月 2007.1
ページ数 338p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-621-07809-9
NCID BA80183470
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21187364
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想