対等な夫婦は幸せか

永井暁子, 松田茂樹 編

共働きが多数を占めるようになってきた現在、夫婦関係はどう変わるのか。結婚、離婚、家計、働き方、政治参加から、これからの夫婦が直面する課題を提示する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 共働きが変える夫婦関係
  • 1 結婚・離婚にみる男女関係の変化(結婚の際に男性に求められる資質の変化-対人関係能力の結婚との関係
  • なぜ離婚リスクは社会階層により異なるのか)
  • 2 夫婦間のサポート関係(夫婦間で仕事と家事の変換は可能か
  • 共働きで夫はストレスがたまるのか
  • 夫のサポートが夫婦の結婚満足感を高める)
  • 3 女性の就業と社会参加(性別役割分業と政治参加
  • 夫婦の働き方戦略-戦略の自由度、性別役割分業戦略、共働戦略)
  • 対等な夫婦は幸せか

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 対等な夫婦は幸せか
著作者等 松田 茂樹
永井 暁子
書名ヨミ タイトウナ フウフ ワ シアワセカ
書名別名 Taitona fufu wa shiawaseka
シリーズ名 双書ジェンダー分析 13
出版元 勁草書房
刊行年月 2007.1
ページ数 160p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-326-64876-4
NCID BA80177999
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21179644
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想