考古学から見た日本人

大塚初重 著

日本人はいかにして「日本人」になったのか。その起源から、縄文文化の先進性、邪馬台国の謎まで、3万年の歩みの原点。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 日本人と日本文化の源流を探る
  • 第2章 黄金の田園風景はどのように生まれたのか
  • 第3章 いまも暮らしに息づく、古代日本人の知恵と風習
  • 第4章 最新の考古学研究から読み解く、古代史の裏側
  • 付録1 古代日本にふれる「地域別」遺跡めぐり案内
  • 付録2 お薦め!「テーマ別」遺跡めぐり案内

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 考古学から見た日本人
著作者等 大塚 初重
書名ヨミ コウコガク カラ ミタ ニホンジン
書名別名 Kokogaku kara mita nihonjin
シリーズ名 青春新書インテリジェンス
出版元 青春出版社
刊行年月 2007.1
ページ数 216p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-413-04162-1
NCID BA80165898
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21175752
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想