お米と食の近代史

大豆生田稔 著

明治時代の半ばから、日本人の主食=米は不足し始めた。凶作による米価暴騰、輸入米の増加、残飯屋の繁盛、流通の変化、産米改良の動向、節米生活下の家計を辿る。米不足との闘いが、「米過剰」の現代に伝えるものを考える。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 日本人と米食-プロローグ(米不足の時代
  • 米食の拡大 ほか)
  • 米不足の時代へ(連年豊作
  • 米価暴騰と米穀輸入)
  • 米食のひろがり(都市の米食
  • 農村の主食 ほか)
  • 産米改良と産地間競争(北陸・東北の産米改良
  • 西日本の防長米・肥後米の改良 ほか)
  • 拡大する米消費-米騒動前後(米価の騰落と消費
  • 難航する外米輸入 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 お米と食の近代史
著作者等 大豆生田 稔
書名ヨミ オコメ ト ショク ノ キンダイシ
書名別名 Okome to shoku no kindaishi
シリーズ名 歴史文化ライブラリー 225
出版元 吉川弘文館
刊行年月 2007.2
ページ数 231p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-642-05625-0
NCID BA80143104
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21182498
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想