平安京のニオイ

安田政彦 著

藤原道長が栄華を誇った時代。都ではどのようなニオイがしたのか。排泄・廃棄物・動物・死など、暮らしと切り離せないさまざまなニオイを再現。一方で、薫香の文化を芸術にまで昇華させた貴族の心性を浮き彫りにする。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 臭いと匂い-プロローグ
  • 糞尿都市
  • 屍臭都市
  • 生活の中のにおい
  • 物語が描く匂い
  • 貴族の生活環境とにおい
  • 記録されないにおい-エピローグ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 平安京のニオイ
著作者等 安田 政彦
書名ヨミ ヘイアンキョウ ノ ニオイ
書名別名 Heiankyo no nioi
シリーズ名 歴史文化ライブラリー 224
出版元 吉川弘文館
刊行年月 2007.2
ページ数 220p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-642-05624-3
NCID BA80142983
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21182489
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想