源義経

元木泰雄 著

平家を滅ぼした英雄、源義経。帝王学なき帝王・後白河院、鎌倉幕府の兄・頼朝、彼らを取巻く京や在地の武士たち。すべては政治という名の巨大な歯車を形成し、希代の英雄を搦めとっていく。その生涯と失脚の真相に迫る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 英雄源義経とその舞台-プロローグ
  • 歴史への登場
  • 「武勇」と「仁義」-京における義経
  • 屋島と壇ノ浦-平氏の滅亡
  • 挙兵と没落
  • 義経の位置-エピローグ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 源義経
著作者等 元木 泰雄
書名ヨミ ミナモト ノ ヨシツネ
シリーズ名 歴史文化ライブラリー 223
出版元 吉川弘文館
刊行年月 2007.2
ページ数 208p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-642-05623-6
NCID BA80142881
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21182500
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想