明治の文化

色川大吉 著

明治人は西欧文明の衝撃をどのように受け止めたのか。そしてどのような国家を構想したのか。底辺の民衆の思想に視座を据え、各地に残る憲法草案や結社の動きなど、自ら発掘した原史料を駆使して、明治文化の全体像を歴史の躍動の中に描きだした。民衆思想史の方法で日本の近代像を一変させた著者の代表作。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章
  • 1 草の根からの文化の創造
  • 2 欧米文化の衝撃
  • 3 "放浪の求道者"
  • 4 漢詩文学と変革思想
  • 5 民衆意識の峰と谷
  • 6 明治文化の担い手
  • 7 非文化的状況と知識人
  • 8 精神構造としての天皇制

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 明治の文化
著作者等 色川 大吉
書名ヨミ メイジ ノ ブンカ
書名別名 Meiji no bunka
シリーズ名 岩波現代文庫 学術
出版元 岩波書店
刊行年月 2007.1
ページ数 390, 8p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-00-600168-1
NCID BA80138614
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21185549
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想