リベラル優生主義と正義

桜井徹 著

遺伝子テクノロジーと人間の福利追求の功罪を歴史・理論・倫理の視点から問う。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 リベラル優生主義の原理
  • 第1章 優生主義の由来
  • 第2章 二〇世紀における改革派優生主義-J・B・S・ホールデーンとハーマン・J・マラー
  • 第3章 リベラル優生主義の倫理的正当化
  • 第4章 リベラル優生主義への反論と応答
  • 終章 リベラル優生主義のゆくえ-福音か災厄か

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 リベラル優生主義と正義
著作者等 桜井 徹
書名ヨミ リベラル ユウセイ シュギ ト セイギ
書名別名 Riberaru yusei shugi to seigi
出版元 ナカニシヤ
刊行年月 2007.1
ページ数 260p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-7795-0091-6
NCID BA80125135
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21211288
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想