社会科学原論講義

田村正勝 著

社会科学とはどんな学問か。現実から乖離した社会科学の諸分野を横断して複合する社会現象を分析する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 社会科学の反省-近代の文明および思考の危機(近代社会および近代文明の根本問題
  • 社会科学(The Social Science)-社会諸科学(Social Sciences)の総合化 ほか)
  • 2 社会科学ならびに科学的認識の本質-成立と展開および学的・史的影響(社会科学の誕生-アダム・スミスの道徳哲学
  • 自由経済-発展の背景と帰結 ほか)
  • 3 自由主義経済社会の論理と軌跡(資本主義経済の発展と慢性不況の経済学
  • 階級対立の理論的解明 ほか)
  • 4 経済と法および政治の展開と人間疎外(経済と法および法治国家と民主主義
  • 景気対策から政治国家へ ほか)
  • 5 科学・哲学・宗教と道徳およびエートス(政治学の哲学的展開と必然・自由・偶然
  • 道徳の回復と企業の社会的責任 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 社会科学原論講義
著作者等 田村 正勝
書名ヨミ シャカイ カガク ゲンロン コウギ
書名別名 Shakai kagaku genron kogi
出版元 早稲田大学出版部
刊行年月 2007.1
ページ数 421, 8p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-657-07102-6
NCID BA80120539
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21199731
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想