リベラルなナショナリズムとは

ヤエル・タミール 著 ; 押村高, 高橋愛子, 森分大輔, 森達也 訳

ナショナリズムは果たして人類悪なのか?リベラルとナショナリストの融合は可能なのか?この余りに現代的な課題に果敢に挑戦した、イスラエル女性学者であり平和運動家でもある著者のユニークなナショナリズム論。世界秩序についての一つの思考法。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 人間観
  • 第2章 ネーションを選択することと文化への権利
  • 第3章 ネーションの自己決定権
  • 第4章 個別の物語と一般的な主張
  • 第5章 魔法の代名詞「私の」
  • 第6章 隠された動機-ナショナルな価値とリベラルの信念
  • 第7章 必要を徳へと逆転させる

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 リベラルなナショナリズムとは
著作者等 Tamir, Yael
押村 高
森 達也
森分 大輔
高橋 愛子
タミール ヤエル
書名ヨミ リベラルナ ナショナリズム トワ
書名別名 Liberal nationalism
出版元 夏目書房
刊行年月 2006.12
ページ数 357, 8p
大きさ 20cm
ISBN 4860620585
NCID BA80029313
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21248296
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想