神聖喜劇  第6巻

大西巨人, のぞゑのぶひさ, 岩田和博 著

「剣鞘摩り替え」犯人の疑惑に甘んじる冬木を励まし、併せて自らをも鼓舞しながら、東堂太郎は、軍規に定められた兵の正当な権利である「不条理上申」「意見具申」を実行する。一九四二(昭和十七)年三月十八日、教育の過半を既に終えた補充兵たちは、高浜演習砲台において休養のひとときを得る。穏やかな早春の午後にいつしかまどろんでいた東堂は、異様な気配を感じて目覚める。広っぱの一角において、第一内務班の"ガンスイ(のろま)"末永が、仁多班長らによって嬲り者にされていた。近隣の民家の軒先からイカの干物を失敬したにすぎない末永に対し、それを「陸軍刑法」上の重大犯罪と咎め立てた上官たちは、ついに彼に「死刑」判決を告げる。あまりにも滑稽かつ残酷極まりない光景を目前に、東堂と冬木とは、期せずして時を同じく立ち上がる…。巨編、ここに完結。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 神聖喜劇
著作者等 のぞゑ のぶひさ
大西 巨人
岩田 和博
書名ヨミ シンセイ キゲキ
巻冊次 第6巻
出版元 幻冬舎
刊行年月 2007.1
ページ数 267p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-344-01274-5
NCID BA79965514
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21347618
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想