日本の水産業を考える : 復興への道

倉田亨 編著

資源管理から市場・流通、漁村の活性化まで、変貌しつつある日本水産業の現状を詳説。再生するためのビジョンをさぐる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 産業形成と政策転換(生物生産における人間と自然-形成均衡の世界
  • 水産政策の転換
  • 海業(うみぎょう)の経済-漁業・漁村の危機と再生を考える)
  • 第2部 資源利用と管理(漁村と農村の資源利用-コモンズの理解をめぐって
  • 現代の資源と漁業の管理
  • 東アジアにおける新海洋秩序の形成-日本を中心に
  • 多元的資源管理と産地価格分析の必要性
  • 沿岸域利用と漁業-コモンズの視点から)
  • 第3部 漁業経営と流通(漁業経営における「安全管理」-沿岸漁業での労働災害と海難事故を通してリスク管理を考える
  • 沿岸漁業の再生-小型底曳網漁業を事例として
  • ノリ養殖の現状とその可能性
  • 水産物市場流通の変化と卸売業者の対応
  • 水産物市場のゆくえ-島根県石見東部を事例に
  • トルコ共和国の水産物流通事情
  • 日本水産業の再生を求めて)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本の水産業を考える : 復興への道
著作者等 倉田 亨
書名ヨミ ニホン ノ スイサンギョウ オ カンガエル : フッコウ エノ ミチ
出版元 成山堂書店
刊行年月 2006.12
ページ数 333p
大きさ 22cm
ISBN 4425882911
NCID BA79892261
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21172779
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想