キラルテクノロジーの進展

大橋武久 監修

[目次]

  • 総論編(グリーンケミストリーへの期待
  • ミニマム・ゲノム・ファクトリー(MGF)
  • 光学活性医薬品と光学分割)
  • 合成技術編(P‐キラルホスフィン配位子の開発と触媒的不斉合成への利用
  • 環境調和型キラル相間移動触媒を用いる実用的不斉合成プロセスの開発
  • 単純ケトン類の実用的水素化触媒の開発 ほか)
  • バイオ技術編(キラルインダストリーにおけるバイオ活用の最新の進歩
  • ATP再生系を用いた有用物質の新規生産法
  • 生体触媒法とHPLC法による光学活性化合物の製法開発 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 キラルテクノロジーの進展
著作者等 大橋 武久
書名ヨミ キラル テクノロジー ノ シンテン
書名別名 キラルテクノロジーの新展開

Kiraru tekunoroji no shinten
シリーズ名 CMCテクニカルライブラリー 243
出版元 シーエムシー
刊行年月 2006.12
版表示 普及版
ページ数 292p
大きさ 21cm
ISBN 4882319055
NCID BA79884263
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21242818
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想