主語を抹殺した男 : 評伝三上章

金谷武洋 著

日本語は非論理的な言語ではない。文法が英語とは違うだけだ。日本語の文法構造を初めて合理的に解明した画期的三上文法。その先駆性ゆえに長らく不遇を託っていた「街の語学者」の生涯をカナダ在住の日本語学者が敬愛を込めて描く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 三上章を追いかけて
  • 第1章 三上文法と出会う
  • 第2章 幼年〜学生時代
  • 第3章 知的逍遙時代
  • 第4章 街の語学者
  • 第5章 晩年
  • 終章 時空を越えて

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 主語を抹殺した男 : 評伝三上章
著作者等 金谷 武洋
書名ヨミ シュゴ オ マッサツシタ オトコ : ヒョウデン ミカミ アキラ
出版元 講談社
刊行年月 2006.12
ページ数 285p
大きさ 20cm
ISBN 4062137801
NCID BA79802316
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21159321
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想