政治学は何を考えてきたか

佐々木毅 著

グローバリズムに支えられた「市場」は利益政治を解体した。「帝国」に翻弄される「一国民主主義」!リベラル・プロジェクトは生き残れるか。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 二〇世紀政治の見取り図(両大戦の意味と無意味について
  • 二〇世紀型体制についての一試論
  • 苦悶する民主政
  • これからの政治の構図-「新しい政治」のパラダイムは存在するのか
  • 日本における二〇世紀型体制の解体)
  • 第2部 自由主義をめぐって(アクトンと良心の自由主義
  • 二〇世紀の自由主義思想
  • ポスト保守主義時代のイデオロギー
  • 既成のイデオロギーの解体と新たな模索
  • 自由主義と民主主義の心象風景)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 政治学は何を考えてきたか
著作者等 佐々木 毅
書名ヨミ セイジガク ワ ナニ オ カンガエテキタカ
出版元 筑摩書房
刊行年月 2006.12
ページ数 388p
大きさ 20cm
ISBN 4480863745
NCID BA79795709
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21169103
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想