もうひとつの日本は可能だ

内橋克人 著

アメリカ追随、格差拡大、跋扈する市場原理主義。国民の支持のもとで推し進められてきた"構造改革"の結果、現出した日本の形。しかし、これが本当に私たちが望んだ日本なのか?マネーではなく、人間を主人公とする"もうひとつの日本"を、今こそ追求すべきだ。常に時代を見通してきた著者の、警告と希望の書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1章 私たちはどこにいるのか(「人間力」の衰退)
  • 2章 幻だった「約束の大地」(「現実」無縁の政治
  • 「一喜一憂資本主義」を超えて)
  • 3章 強さのなかの弱さ(揺らぐアメリカ社会
  • グローバリズムへの抵抗 ほか)
  • 4章 新たな発展モデル(人間復興の社会
  • 資源自立の道が日本を、地球を救う)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 もうひとつの日本は可能だ
著作者等 内橋 克人
書名ヨミ モウ ヒトツ ノ ニホン ワ カノウ ダ
書名別名 Mo hitotsu no nihon wa kano da
シリーズ名 文春文庫
出版元 文藝春秋
刊行年月 2006.12
ページ数 250p
大きさ 16cm
ISBN 4167717174
NCID BA79794386
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21148928
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想