朝鮮半島「核」外交 : 北朝鮮の戦術と経済力

重村智計 著

朝鮮半島クライシス勃発。冬を越せない食糧危機、年間100万トンの石油輸入量、中国との不仲説の真実、偽ドルで米国の金融制裁、死んでも「核」は手放さない、儒教と社会主義の「官僚主義」、先軍政治は崩壊するのか、日本と国際社会の選択肢は…。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 核実験は瀬戸際外交の放棄
  • 第1章 崩壊か核放棄かを迫られる北朝鮮
  • 第2章 死んでも核は放棄しない
  • 第3章 経済制裁が効果をあげた
  • 第4章 暴発できない経済力
  • 第5章 経済改革の期待と現実
  • 第6章 先軍政治と文明の衝突

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 朝鮮半島「核」外交 : 北朝鮮の戦術と経済力
著作者等 重村 智計
書名ヨミ チョウセン ハントウ カク ガイコウ : キタチョウセン ノ センジュツ ト ケイザイリョク
書名別名 Chosen hanto kaku gaiko
シリーズ名 講談社現代新書
出版元 講談社
刊行年月 2006.12
ページ数 262p
大きさ 18cm
ISBN 406149869X
NCID BA79784644
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21168413
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想