いま「食べること」を問う : 本能と文化の視点から

サントリー次世代研究所 企画・編集 ; 伏木亨, 山極寿一 編著

生き物にとって基本的な行為である「食べること」が揺らいでいる。…食べることに対する姿勢の変化の一つひとつは小さなことに見えて、実は大きな変化の波頭かもしれない。表層的な変化を追うだけでなく、食べることについての根源的な議論が必要なのではないか-伏木亨(栄養学)、山極寿一(人類学)の二人が各界の第一人者との鼎談を経て考える「食べること」とは。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 まず、「食べること」を考える-食の現代的課題とは何か(栄養学者伏木亨からの問題提起
  • 人類学者山極寿一からの問題提起)
  • 2 「食べること」をめぐって-ゲストと語る(日本の食文化
  • 現代人にとって食とは何か
  • つくる現場、食べる現場
  • 子どもが育つ食)
  • 3 「食べること」のこれから(再び、食べることを考える-伏木亨vs山極寿一
  • 次世代に向けて)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 いま「食べること」を問う : 本能と文化の視点から
著作者等 サントリー株式会社
伏木 亨
山極 寿一
サントリー次世代研究所
書名ヨミ イマ タベル コト オ トウ : ホンノウ ト ブンカ ノ シテン カラ
シリーズ名 人間選書 265
出版元 農山漁村文化協会
刊行年月 2006.11
ページ数 265p
大きさ 19cm
ISBN 4540062670
NCID BA79780971
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21158308
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想