アラビア科学の歴史

ダニエル・ジャカール 著 ; 吉村作治 監修 ; 遠藤ゆかり 訳

西欧の歴史家たちは、長いあいだ「中世」という時代を、たんに科学が停滞していた時代だと考えてきた。だが近年、9世紀から15世紀にかけてのイスラム文明が、科学全般においてきわめて高い水準であったことがわかってきた。700年ものあいだ、イスラム世界のなかで文化的中心地が何度移動しても、科学の研究は絶えることなくつづけられたのである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 バグダードからサマルカンドまで
  • 第2章 ギリシア科学とアラビア科学
  • 第3章 計算と計測
  • 第4章 生命と物質をめぐる科学
  • 第5章 アラビア科学とヨーロッパ科学
  • 資料篇-700年間の証言(文献が伝えるアラビア科学の歴史
  • 旅行家と詩人たちの証言
  • アラビア科学の実用性
  • 研究分野の刷新
  • 19世紀以降のアラビア科学に対する評価
  • アラビアの代表的科学者一覧)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 アラビア科学の歴史
著作者等 Jacquart, Danielle
吉村 作治
遠藤 ゆかり
ジャカール ダニエル
書名ヨミ アラビア カガク ノ レキシ
書名別名 L'epopee de la science arabe

Arabia kagaku no rekishi
シリーズ名 「知の再発見」双書 131
出版元 創元社
刊行年月 2006.12
ページ数 142p
大きさ 18cm
ISBN 4422211919
NCID BA79756128
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21219143
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想