伝説と史実のはざま : 郷土史と考古学

比田井克仁 著

考古学と郷土史のコラボレーション。伝説・伝承について遺跡をからめて分析し、太田道潅の足跡から徳川家康入府直後までの武蔵野を考古学から探る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 考古学的に見た伝承の時間幅
  • 第2章 地名伝承と遺跡
  • 第3章 江古田原沼袋合戦と太田道潅の足跡
  • 第4章 城山居館跡の実像
  • 第5章 中世村落の解体-江戸近郊農村江古田村を例にとって
  • 第6章 伝説と史実のはざま-中野長者伝説の研究
  • 総括 史実から伝説への変容

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 伝説と史実のはざま : 郷土史と考古学
著作者等 比田井 克仁
書名ヨミ デンセツ ト シジツ ノ ハザマ : キョウドシ ト コウコガク
書名別名 Densetsu to shijitsu no hazama
出版元 雄山閣
刊行年月 2006.11
ページ数 170p
大きさ 21cm
ISBN 4639019556
NCID BA79755293
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21158383
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想