感染症 : 広がり方と防ぎ方

井上栄 著

人や物の移動が絶えない今日、病原体は国境を越え広汎に伝播する可能性が高まった。しかし危険な感染症すべてが世界中に広まるわけではない。本書では、伝染病との闘いの歴史、病原体の種類や性質、伝播の基礎知識から、私たちがこれから気をつけるべき感染症までを取り上げ、感染症の過去、現在、未来を浮き彫りにする。新型インフルエンザや、将来起こりうる感染症を「死に至る病」としない実践的知恵を身につけよう。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 病原体の伝播経路を知る
  • 第2章 清潔化の歴史
  • 第3章 清潔社会で起こる感染症
  • 第4章 世界のなかの感染症
  • 第5章 新型インフルエンザ
  • 第6章 エイズ/性感染症

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 感染症 : 広がり方と防ぎ方
著作者等 井上 栄
書名ヨミ カンセンショウ : ヒロガリカタ ト フセギカタ
シリーズ名 中公新書
出版元 中央公論新社
刊行年月 2006.12
ページ数 208p
大きさ 18cm
ISBN 412101877X
NCID BA79754585
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21186552
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想