信長の天下布武への道

谷口克広 著

桶狭間の戦いで今川義元に勝利し日本史の表舞台に登場した信長。姉川の戦い、長篠の戦いと怒涛の進撃を続け、天下布武の道を歩む。その戦略とはいかなるものか。知られざる側面にも光をあて、実像を鮮やかに描き出す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 信長と統一戦争 プロローグ
  • 1 尾張統一から上洛まで
  • 2 元亀年間の苦闘と四方への発展
  • 3 「天下人」の戦い
  • 4 天下統一の挫折
  • 未完に終わった天下統一 エピローグ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 信長の天下布武への道
著作者等 谷口 克広
書名ヨミ ノブナガ ノ テンカ フブ エノ ミチ
書名別名 Nobunaga no tenka fubu eno michi
シリーズ名 戦争の日本史 / 小和田哲男, 関幸彦, 森公章, 吉田裕 企画編集 13
出版元 吉川弘文館
刊行年月 2006.12
ページ数 286, 3p
大きさ 20cm
ISBN 4642063234
NCID BA79746678
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21165135
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想