人はなぜ太るのか : 肥満を科学する

岡田正彦 著

メタボリック症候群の報道にみられるように、肥満の健康への悪影響が大きくとりあげられている。では、肥満は具体的にどんな病気につながるのか。太る仕組みとはどうなっているのか。どこまで太れば「肥満」といえるのか。健康的にやせるには、どうしたらいいのか。最新の疫学調査のデータをもとに、肥満をめぐる疑問を一挙に解決する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • プロローグ なぜやせられないのか-肥満をめぐる疑問あれこれ
  • 第1章 肥満の仕組み
  • 第2章 肥満をはかる
  • 第3章 肥満はなぜ健康に悪いか
  • 第4章 健康的にやせるには?
  • エピローグ ちょっぴりやせたい人へのアドバイス

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 人はなぜ太るのか : 肥満を科学する
著作者等 岡田 正彦
書名ヨミ ヒト ワ ナゼ フトルノカ : ヒマン オ カガクスル
シリーズ名 岩波新書
出版元 岩波書店
刊行年月 2006.12
ページ数 208p
大きさ 18cm
ISBN 4004310563
NCID BA79736109
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21178616
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想