新自由主義と戦後資本主義 : 欧米における歴史的経験

権上康男 編著

定義も起源も定かではない新自由主義誕生の歴史を明らかにし、アメリカ、ヨーロッパ大陸諸国、国際諸機関を対象に、理念と政策実践の両面から実相に迫る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 新自由主義の歴史的起源(新自由主義の誕生(一九三八〜四七年)-リップマン・シンポジウムからモンペルラン協会の設立まで
  • ウオルター・リップマンと新自由主義
  • ドイツ新自由主義の生成-資本主義の危機とナチズム
  • アメリカ新自由主義の系譜-ニューディール金融政策と初期シカゴ学派 ほか)
  • 第2部 新自由主義と戦後資本主義(戦後西ドイツにおける新自由主義と社会民主主義-社会的市場経済/社会主義的市場経済と一九五七年「年金改革」
  • 一九五〇年代西ドイツにおける内外経済不均衡-「社会的市場経済」のジレンマ
  • 戦後フランスにおける新自由主義の実験(一九五八〜七二年)-三つのリュエフ・プラン
  • ヨーロッパ石炭鉄鋼共同体における新自由主義(一九五三〜六二年)-リュエフの経済思想と石炭共同市場 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 新自由主義と戦後資本主義 : 欧米における歴史的経験
著作者等 権上 康男
書名ヨミ シン ジユウ シュギ ト センゴ シホン シュギ : オウベイ ニ オケル レキシテキ ケイケン
出版元 日本経済評論社
刊行年月 2006.12
ページ数 436p
大きさ 22cm
ISBN 4818818917
NCID BA79727877
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21172622
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想