舟と港のある風景 : 日本の漁村・あるくみるきく

森本孝 著

海辺の旅で出会ったのは、素朴な漁船と漁具で海に乗り出した、勇気だけでなく気高ささえ感じる漁民たちだった-宮本常一が率いた伝説の雑誌「あるく みる きく」のために、ゆっくりと書き溜められた珠玉の一冊、ついに刊行。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 下北の海辺を歩く
  • 糸満の海辺を歩く
  • 南西諸島の船について
  • 奥丹後の海辺を歩く
  • 明るさが漂う間人の魚市
  • 沖家室の海辺を歩く
  • 家船漁師の思い出
  • 越前の海辺を歩く
  • 丹後、越前、能登の磯の村
  • 島根の丸木舟-神がみの国を往きかった素朴な木舟
  • 漁民たちの舟と海
  • 飛島の海辺を歩く
  • 祭り・行事と魚
  • 渚のくらし
  • 舟と港のある風景

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 舟と港のある風景 : 日本の漁村・あるくみるきく
著作者等 森本 孝
書名ヨミ フネ ト ミナト ノ アル フウケイ : ニホン ノ ギョソン アルク ミル キク
出版元 農山漁村文化協会
刊行年月 2006.11
ページ数 388p
大きさ 20cm
ISBN 4540062395
NCID BA79721509
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21156656
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想