少年犯罪被害者遺族

藤井誠二 編著

改正少年法の施行後も癒されない、少年犯罪被害者の遺族たち。彼らの声を受け入れられない社会をこのまま容認し続けていいのか?彼らの肉声に耳をすまし、我々の社会の病理を考える。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1場 一生赦さないことを大切にしたい-武和光・るり子夫妻との対話(原則逆送と検察官関与について考えること
  • 被害者遺族が怒ると「攻撃性が強い」と判断する調査官 ほか)
  • 第2場 人権は誰のためのものなのか-宮田幸久さんとの対話(事件の真相を知るために
  • 加害者の人生になんら関心はありません ほか)
  • 第3場 本当の償いとは何ですか-村井玲子さんとの対話(息子を殺した加害者の顔さえ知らなかった
  • 修復的司法への期待と失望 ほか)
  • 第4場 司法と報道のあり方を問う-本村洋さんとの対話(被害者の審判参加権と「知る」権利の確立を
  • 加害少年の再犯と司法の責任 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 少年犯罪被害者遺族
著作者等 藤井 誠二
書名ヨミ ショウネン ハンザイ ヒガイシャ イゾク
書名別名 Shonen hanzai higaisha izoku
シリーズ名 中公新書ラクレ
出版元 中央公論新社
刊行年月 2006.12
ページ数 190p
大きさ 18cm
ISBN 4121502345
NCID BA79691259
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21186544
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想